天気予報

25

13

みん経トピックス

バンクーバーでの撮影ロケ増加に「魔法のビーズソファ」

サイモンフレーザー大学で断髪式 小児がん患者のためにウイッグを

サイモンフレーザー大学で断髪式 小児がん患者のためにウイッグを

友人の頭をバリカンで刈り上げるAlyssa Danielさん。緊張から笑いが止まらない

写真を拡大 地図を拡大

 サイモンフレーザー大学(8888 University Drive, Burnaby)で3月16日、小児がん患者のためのファンドレイジングイベント「SFU Balding For Dollars」が行われ、趣旨に賛同した学生10人が「断髪式」に参加した。

丸刈りになった自分の姿を確認する女子学生

 「Balding For Dollars(丸刈りになって寄付を集めよう)」は、小児がんで闘病中の患者が使うウイッグを作るために必要な髪の毛を集めようと、BCチルドレンズホスピタル基金で17年前に始まったチャリティー。「断髪式」はその活動の一環で行われた企画で、同大学での開催は今回が10回目。主催は、さまざまながんに関する啓発運動や研究資金集めを行う学生慈善活動クラブ「Club for the Cure」。

 バーナビー・マウンテン山頂にあるため、まだまだ冷たい風が吹き抜けるキャンパス。寒さに震えながらも、この日のために伸ばした長い髪をバッサリと切ったり、中には思い切りよく丸刈りにしたりする学生の姿も見られた。

 1年の時から毎年参加しているという同大学4年のBlair Nolanさんは「高校のときにがんと闘っていた友人のために、仲間たちと一緒に丸刈りにしたことがあり、ここ数年は家族や親戚など身近な人たちががんに冒されることが続いたので余計にこのイベントに参加したいという気持ちが強くなった。卒業しても何かの形でがん患者の人たちをサポートする活動に関わりたい」と決意を示す。

 今回の学生イベントコーディネーターを務めたRoohy Thandiさんは「私自身も小児がんのサバイバー。一人で孤独に闘っているのではなく、このようなイベントを通して家族以外の誰かが自分たちのことを思ってくれている、自分たちのために何かしようと動いてくれていると知ることは、つらい治療を乗り越えるための大きな力になった」と自身の経験を振り返る。

 当日カットを担当した、出張ヘアスタイリングサービス「Mobile Hairstyling」を営むDave Arnoldさんは、2010年からボランティアスタッフとして参加しており、「当時、高校を卒業したばかりの18歳の娘をがんで亡くしてしまった。発見が遅かったのと、あまりの進行の速さに何もできなかった気がして残念でならない」と目を潤ませる。「娘と同じ年頃の学生たちが、積極的にこのようなイベントに参加してくれることで、小児がんについての知識が広まり、早期発見の大切さを知ってもらうとともに闘病へのサポートがより多く集まればありがたいし、その活動に自分が少しでも力になれればうれしい」とも。

 「Balding For Dollars」の運営代表者Christine Tullochさんは、自身も小児がん闘病経験があり、「治療の副作用で髪が抜けてしまって外に出たくなくなっていたが、たくさんの人が寄付してくれた髪の毛を使ってできたウイッグをもらったおかげで、周りの目を気にせず胸を張って歩けるようになったし、基金から頂いた奨学金で大学進学もできた。その恩返しとして今度は患者さんたちをサポートする立場で活動できるのが何よりもありがたい。学生たちが中心になって何かを変えようとしている姿を見られて感動している」と笑顔を見せる。

 同クラブのFaaria Samnani部長は「今年の目標額は5,000カナダドルで、現在は半分の2,500カナダドルを少し超えたところ。断髪式は終わったが、まだサイトでの寄付は受け付けているので参加してほしい」と協力を呼び掛ける。

 BCチルドレンズホスピタルでは、同様のイベントが5月14日に行われる。一連のファンドレイジングイベントで集まった寄付金は、高額治療費の補助や、大学進学のための奨学金制度、キャンププログラム運営費のほか、がんに関する研究費用に充てられる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング