3密を避けて新しい生活様式へ!

bjリーグで活躍する田村大輔選手、BCタイタンズと契約-北米リーグでプレー

北米マイナープロバスケットチーム「BCタイタンズ」で今シーズンプレーする田村大輔選手。

北米マイナープロバスケットチーム「BCタイタンズ」で今シーズンプレーする田村大輔選手。

  • 0

  •  

 日本プロbjリーグで活躍する田村大輔選手は北米マイナープロバスケットリーグIBL(国際バスケットリーグ)に参戦するBC州の「BC Titans(BC タイタンズ、7888-200 th St, Langley)」と今季契約した。

 IBLリーグのシーズンは4月~6月末。7月1週目からプレーオフが始まる。今年はアメリカ、カナダ、中国の16チームが同リーグで戦っている。田村選手はbjリーグ終了後、5月15日からBCタイタンズに参加している。

[広告]

 タイタンズは昨年初めてリーグに参戦した今年2年目のチーム。昨年とメンバーは大きく入れ替わった。昨シーズンは9勝11敗で現在は5勝7敗。「新しいチームにしてはいい成績。まだ若いチーム。手探りの状態だが、相手が強くて負けているわけではない。安定した強さを持てば優勝もできる」と岐津将平マネジャー兼アシスタントコーチ。

 田村選手は「技術の引き出しが多く、レベルの高い選手ばかり。少し修正すれば優勝もできる」とチームについて話す。練習は「日本にいるより皆が集中している感じ。1日1日、一瞬を大事にしている。シビアな世界なので…」と結果を出さなくてはいけないプロ意識を体で感じている。

 目標は「勝つために自分の仕事をこなし、チームに貢献すること。いい技術を持った選手が多いのでそれを学んで日本のチームでも実践していきたい。将来、引退したらバスケの指導者になりたい。頭だけでなく選手の内に体で養ったことを表現・指導するためにもしっかりここで学びたい」。

 「せっかく、僕もバンクーバーに来たので…」と控えめながら、「ホームコートでは試合も間近に見ることができ臨場感があり楽しめるので、大歓声で応援しにきてもらえるとうれしい」と地元の日本人に力強くメッセージを寄せる。

 北米で活躍する日本人バスケットボール選手は数少ない。日本のバスケの将来のためにも今後のBCタイタンズ、田村選手の活躍に期待がかかる。チーム・チケットに関する日本語での問い合わせはshohei@bctitans.caまで。

Stay at Home