バンクーバーでがん撲滅自転車イベント-2,252人が200キロを一斉走行

がん撲滅のためのチャリティーイベント「The Ride to Conquer Cancer」が開催され2,252人がシアトルへ向けて出発した。

がん撲滅のためのチャリティーイベント「The Ride to Conquer Cancer」が開催され2,252人がシアトルへ向けて出発した。

  •  
  •  

 バンクーバーで6月19日、ガン撲滅自転車イベント「Ride to Conquer Cancer」が開催され、2,252人が一斉に米国シアトルへ向け2日間、約200キロの自転車の旅に出発した。参加費、寄付金など収益金920万カナダドルはすべてBC Cancer Foundationへ寄付される。

 同イベントは今年で2回目。昨年は1,701人が参加し710万カナダドルの収益を上げた。BC Cancer FoundationのCEOで、自身も今年の一斉走行に参加したDouglas Nelsonさんは「大きなインパクトを与える、という走行の目的は見事に達成された。この走行で上げられた収益金はより効果的ながんの治療法の研究に大きな弾みをつけることになるだろう」とあいさつで述べた。

[広告]

 早朝6時30分ごろ、出発地点のバンクーバー郊外、サレー市に集合した参加者たちはユニホームである黄色のシャツに身を包みイベントの開会式に臨んだ後、家族が見守る中シアトルへ向けて出発した。参加者の中には多くのがん経験者も含まれている。一行は19日夜、ワシントン州にあるバーノン山に設けられたキャンプ村で1泊。20日午後、終着点であるシアトル市内のワシントン州立大学へ到着予定。

 「200キロ以上という長距離走行は決して簡単な道のりではないが、がんと闘っている人のために自分に大きなチャレンジを課してみてはどうだろうか。現在3人に1人以上のカナダ人が人生で一度はがんになるという状況下、この走行イベントが持つ意味は大変大きい」とイベント広報担当者は既に、2011年の走行への参加を呼びかけている。申し込みはサイトから。

  • はてなブックマークに追加