3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

パフォーミング・アートフェスティバル「PuSh」、今年もバンクーバーで開幕

バンクーバーの市内各所でパフォーミング・アーツの祭典「PuSh」開催

バンクーバーの市内各所でパフォーミング・アーツの祭典「PuSh」開催

  • 0

  •  

 バンクーバーエリアで1月17日、パフォーミング・アートの祭典「PuSh」が始まり、カナダ、アメリカ、イギリス、メキシコ、日本など世界各国から100以上のパフォーマンスの公演が行われる。今年で8回目。

 「PuSh」は毎冬恒例のダンス、演劇、マルチメディアなどのライブ・パフォーマンスの祭典。ジャンルにとらわれないさまざまなパフォーマンスをカナダ国内と海外からのアーティストの参加により紹介。国際的なクリエーターやアーティストのネットワーク構築の場としても貢献している。

[広告]

 8回目を迎える今年は、インターネットの無料広告サイト「クレイグズ・リスト」が題材のコメディー・ミュージカル「Do You Want What I Have Got? A Craigslist Cantata」、スペインのフラメンコグループによる「Soledad Barrio and Noche Flamenca」、日本の劇団chelfitsch (チェルフィッチュ)による「Hot Pepper, Air Conditioner, and the Farewell Speech」、サレー市の小学生がバンクーバー内の人気レストランで食事をしながら、料理、内装、サービスなどについて正直な感想を述べ合う様子を目撃する「Eat the Street」などが上演される。

 チケットの料金は演目により異なる。チケットの購入方法とスケジュールはサイトで確認できる。2月4日まで。

Stay at Home