食べる

バンクーバーに「大勝軒」進出-麺屋こうじグループ、海外初の路面店

「大勝軒」初の海外路面店がバンクーバーにオープン

「大勝軒」初の海外路面店がバンクーバーにオープン

  •  

 バンクーバー・ダウンタウンのスカイトレイン「スタジアム駅」近くに5月27日、「大勝軒カナダ」(515 Abbot St., Vancouver、TEL 778-737-3805)がソフトオープンした。オープンを記念して期間限定でラーメン1杯5ドル(1日150食限定)を提供したところ多くの客が行列を作り、3時間で売り切れになるなど連日にぎわいを見せている。

現在、一番人気「大勝軒カナダ」の「しょうゆラーメン」

 木目を基調とした落ち着いた雰囲気の中に、赤とゴールドをピンポイントで取り入れた壁が目を引く店内。店舗面積は約1000平方フィートで、30席を設ける。現在提供中のメニューは、しょうゆ・塩・みそラーメン(レギュラー=9.75カナダドル、ラージ=10.75カナダドル)とトマトラーメン(12.35カナダドル)、辛ラーメン(10.75カナダドル)。6月中に「つけ麺」の提供開始も予定する。

[広告]

 マネジャーの濱村卓(たかし)さんが同店の特色として挙げる「ドロッとした濃い目のスープ」は、豚骨をベースに4種類の野菜、だし昆布、シイタケ、酒などを加えて12時間かけて仕込む。「スープの濃度と味の濃さに少し驚くカナダ人のお客さまもいらっしゃるので、ポットに和だしを準備して、それぞれの好みに応じて調節してもらえるようにしている」と話す。「今のところ一番人気はしょうゆラーメンで、意外とトマトラーメンも好評」という。

 「派手なことや変わったことはせず、日本の『本物のラーメン』を当たり前に基本に忠実に調理して、きちんとしたものをお客さんに食べていただき、食べた後に喜んで帰ってもらえるようにすることが第一」と濱村さん。「とにかくまじめに作って、常連さんを大切にすることを心掛ける」と同店の基本精神を説明する。「バンクーバーを『麺屋こうじグループ』の北米本拠地として、カナダの他の都市やアメリカにも展開していく予定」と、すでに今後のビジネス拡大についての意気込みも見せる。

 営業時間は11時30分~22時30分。