食べる

バンクーバーにデイリーフリーのアイスクリーム店 薬物依存からリハビリ経て起業

オーナーで創業者のクリス・ホワイトさん

オーナーで創業者のクリス・ホワイトさん

  •  

 イエールタウンにあるバンクーバー初の完全デイリーフリー(乳製品不使用)アイスクリーム店「Nice Vice」(1022 Mainland St. Vancouver、TEL 778-379-6423)が話題になっている。

完全デイリーフリー(乳製品不使用)「Nice Vice」のアイスクリームサンプル各種

 100%デイリーフリーで植物性の原料のみを使う同アイスクリーム店。アレルギー源となるものを極力避けたオーガニックで環境に優しい食材のみを使用。乳製品だけでなく大豆、GMO製品も使わないというこだわりのアイスを提供する。

[広告]

 オーナーで創業者のクリス・ホワイトさんは、ドラッグとアルコールの依存症でリハビリ施設に入所していた経験を持つ。「悪い仲間に囲まれて自分もドラッグを売り収入は多かったが、良い人生ではなかった」と振り返る。「ドラッグもアルコールもやめてからは大好きなアイスクリームばかりを食べていたが、体調を壊しがちになり、自分が乳糖不耐症だと知った。そこでデイリーフリーのアイスクリームを自作し始めたところ、子どもたちや友人から好評を得て商品化しようと思った」と起業のきっかけを話す。

 アイスクリーム作りを基礎から学ぶためニューヨークの「アイスクリーム大学」にも入学。「アメリカにはいろいろな大学がある」と笑いながらも、「アイスクリーム作りやビジネスについて学べたし、同じ道を目指す仲間にも会えた」と話す。

 アイスクリームのベースに使うのはスイートポテト、ココナツミルク、ヘンプミルクやライスミルクなど。ココナツミルクを乳製品の代わりに使うアイスクリームは多いが、「他と同じではつまらないので」と少なめにし、代わりにヘンプやライスミルクを使い、脂肪分と同じ食感を出すのにポテトを入れる。

 提供するフレーバーは常時12種類で、抹茶アボカド、バナナファッジ、アールグレーバーガモント、ラズベリー、マンゴー、ココニラなど季節により変える。店内にはトッピング用にソルトバーも設置。「メープルソルト」「ラヴェンダーソルト」「マンゴーソルト」などのナチュラルソルトも用意する。

 家族も協力するキッチンでアイスクリーム作りに忙しい毎日を送るホワイトさん。デイリーフリーだけでなく、環境に優しく健康に良い食材の追及に余念がない。「回り道した人生だが新しい扉につながりこの店をオープンすることができた」と笑顔を見せる。

 価格は、アイスクリーム=シングル5カナダドル、ダブル9カナダドル(コーンは1カナダドル増し)、コンブチャと合わせたコンブチャ・フロート=8カナダドルなど。

 営業時間は12時~22時(金曜・土曜は23時まで)。