見る・遊ぶ

バンクーバーの公共プールにアート作品「風のスイマー」復活 3年前の嵐で損傷

3年前の嵐で損傷して以来、再設置された「風のスイマー(Wind Swimmer)」(写真提供=Vancouver Park Board)

3年前の嵐で損傷して以来、再設置された「風のスイマー(Wind Swimmer)」(写真提供=Vancouver Park Board)

  •  

 2015年の嵐で損傷して以来撤去されていたアート作品「風のスイマー(Wind Swimmer)」が8月17日、修復を終えてバンクーバーのキツラノプール(2305 Cornwall Ave. Vancouver)に再設置された。

ダグ・テイラーさんと「風のスイマー(Wind Swimmer)」

 地元のアーティスト、ダグ・テイラーさんが制作した同作は、風の力で腕や足が泳いでいるように動く構造。約20年間にわたりプールサイドで市民に愛されてきたが、2015年8月の嵐の際に地面に落ち損傷したため撤去されていた。

[広告]

 今回修復を終え市の安全基準も満たして、3年ぶりに再設置された。テイラーさんは「作品がプールサイドに戻ることができて喜んでいる。再設置された日には協力者たちとプールで泳いだのだが、プールに来ている市民たちも共に喜んで歓迎してくれた」と喜びを表した。