見る・遊ぶ

バンクーバーに恒例「クリスマスマーケット」 ドイツ料理やインスタ映えスポットも

バンクーバーオリンピックの聖火台があるウオーターフロントにオープンした「バンクーバー・クリスマスマーケット」
(Photo =Vancouver Christmas Market by Lindsay Elliott)

バンクーバーオリンピックの聖火台があるウオーターフロントにオープンした「バンクーバー・クリスマスマーケット」 (Photo =Vancouver Christmas Market by Lindsay Elliott)

  •  

 今年も「バンクーバー・クリスマスマーケット」(1055 Canada Place, Vancouver)がバンクーバーのダウンタウンに現在、オープンしている。

 バンクーバーオリンピックの聖火台が設置されているウオーターフロントの一角「ジャックプール・プラザ」に11月21日、オープンした。今年で9回目。5万5000スクエアフィートの敷地に80以上の屋台が並び、クリスマスツリーやカルーセルなども設置。本場ドイツの雰囲気が味わえるイベントで昨年は期間中22万人を動員した。

[広告]

 屋台ではドイツの民芸品やクラフト、クリスマスデコレーションなどを販売。グリュ―ワイン、ソーセージ、シュニッツェル、ローストポークなどおなじみのドイツ料理に加え、今年はヴィーガンやベジタリアン料理の屋台も出店する。

 中央部にある3万6000個のライトで飾られたクリスマスツリーは中が空洞で通り抜けが可能。同じく1万個のライトで彩るトンネルと共に撮影スポットを提供。子ども向けの無料アクティビティーやグループ用の貸し切りスペースなども用意する。

 営業時間は11時30分~21時30分(最終日は18時まで)。入場料は一般=12カナダドル(オンライン購入=10カナダドル)、シニア=11カナダドル(同9カナダドル)、ユース(7歳~12歳)=5カナダドル。アトラクション施設Fly Over Canadaとのコンボチケット=37カナダドル。12月24日まで。