動物の針治療、バンクーバーで健康志向のペットオーナー中心に認知進む

バンクーバーの動物病院Vancouver Animal Wellness Hospital で10月中旬よりSue Pollen獣医師による針治療が始まった。

バンクーバーの動物病院Vancouver Animal Wellness Hospital で10月中旬よりSue Pollen獣医師による針治療が始まった。

  •  

 バンクーバーで西洋医学と、東洋医学やホメオパシーなどの代替医療を統合させた治療を行う動物病院Vancouver Animal Wellness Hospital ( 105 East Broadway, Vancouver TEL 604-738-4664)で10月中旬から動物への針治療が開始され、健康志向の強いペットオーナーを中心に話題を集めている。

 同院で針治療を行うのはアメリカ、カナダで10年間の針治療経験がある獣医師Sue Pollenさん。Pollen さんは針、灸(きゅう)をはじめ、漢方薬やホメオパシーなどを積極的に治療に取り入れている。以前日本に住んだことのあるPollenさんは「西洋医学も良い点はあるが、日本やアメリカで針や灸の効果を実感したので、両方を合わせた総合的な医療を目指そうと思いInternational Veterinary Acupuncture Society(IVAS 国際獣医鍼灸学会)のライセンスを取得した」と話す。

[広告]

 Pollenさんによると、針治療は犬、猫、鳥、ハムスターなどいろいろな動物に応用できる。動物の種類や品種によって針を刺入するポイントに違いがあるが、人間の場合と同様でアレルギーやリウマチ、胃腸疾患、眼科疾患、関節症などに特に効果があるという。「多くの高齢の犬や猫が、リウマチや眼科疾患を患っている。針治療を行うことで血流と気の流れを良くしそれらの症状を改善することができるし、免疫機能を高め他の病気を防ぐこともできる」(Pollen さん)

 動物には言葉で事前に痛みを説明できないため、針を刺入する際には同院スタッフが抱きしめて落ち着かせてから刺す、などの「動物相手ならではの治療方を経験から取得した」とPollenさん。「人間同様、ペットにもオーガニックフードを与えようとしたり、薬もハーブやホメオパシーを好むオーナーが増えてきている。バンクーバーでは人間への針治療が理解され定着し始めているので、今後はペットにも良いということが徐々に理解されていくのでは」とも。

 同院ではレントゲン、手術、入院の設備も備えており歯科やカイロプラクティックなどの獣医も勤務する。診療時間は、月曜・木曜・金曜=9時~18時、火曜・水曜=9時~19時、土曜=9時~17時。日曜休診。