バンクーバーで「Celebrate Queer Vancouver」始まる-セクシュアル・マイノリティーに焦点

パレードの様子

パレードの様子

  •  
  •  

 バンクーバー市内各所で7月21日から「Celebrate Queer Vancouver」と題して、セクシュアル・マイノリティーの文化を紹介し、同市でのこれまでの歩みを振り返るさまざまなイベントが開催されている。

 今年で23回目を迎える「バンクーバー・クィア映画祭」(8月11日~21日)が、市政125周年記念関連イベントとして例年よりも規模を拡大して企画。18カ国から集まった約100作品の上映に留まらず、パーティーやウオーキングツアー、アート展示、コンサートなど1カ月間にわたって繰り広げる。

[広告]

 「クィア映画祭はバンクーバーの夏恒例のイベント。バンクーバーだけでなく世界中のより多くの人たちに自分たちの物語を知ってもらえるように、今年はもっと街に飛び出していく」と話すプログラムディレクターのAmber Dawnさん。市内8カ所の街灯にクィア・カルチャーをテーマにした写真や名言などを掲示する初の試みも。

 7月31日にダウンタウンで行われたパレード「Pride Parade」はカナダ西部最大のLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、性転換者)コミュニティーのイベントとして知られている。

 8月21日まで。各イベント詳細はサイトで確認できる。

  • はてなブックマークに追加