天気予報

5

3

みん経トピックス

加のベスト・レストラン発表バンクーバーに廃材アート

バンクーバー水族館にサンタクロース姿のダイバー登場 ホリデー企画の一環で

バンクーバー水族館にサンタクロース姿のダイバー登場 ホリデー企画の一環で

海辺で回収したゴミで制作したクリスマスツリー(写真提供=バンクーバー水族館)

写真を拡大 地図を拡大

 バンクーバー水族館(845 Avison Way, Vancouver、 TEL 604-659-3400)で11月24日からホリデーシーズンの特別企画が始まった。

スキューバダイビングをするサンタクロース「スキューバ・クロース」

 同企画ではサンタクロースに扮(ふん)したダイバー「スキューバ・クロース」が同館中心部の「Strait of Georgia Habitat」水槽に登場する。地元ジョージア海峡の海に生息する魚やヒトデ、クラゲなどの生き物とゆったりと泳ぎながらガラス越しに記念撮影に応じる。

 館内にはホリデーをテーマとしたアクティビティーや装飾を施し、電気ウナギの発電で点灯するクリスマスツリーや、クラゲの水槽を利用したスノードームなど生き物の生態を紹介しながらホリデー気分を盛り上げる写真スポットを用意する。

 毎年、注目を集める海のゴミで作ったクリスマスツリー。今年はトフィーノ在住のアーティスト、ピート・クラークソンさんがプラスチックやビーチサンダルなど海辺で回収したゴミでツリーを飾り、ゴミ問題を提起する。

 4Dシアターでは「ルドルフ赤鼻のトナカイ」を上映する。

 開館時間は10時~17時(12月24日、25日、31日、1月1日は16時まで)。入館料は一般=39カナダドル、シニア(65歳以上)・ユース(13歳~18歳)=30カナダドル、子ども(4歳~12歳)=22カナダドル。ホリデー企画は1月7日まで。「スキューバ・クロース」は12月24日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング