見る・遊ぶ

バンクーバーでフィギュアスケート「ISUグランプリファイナル2018」開催決定

会場となるダグミッチェル・サンダーバード・スポーツセンター

会場となるダグミッチェル・サンダーバード・スポーツセンター

  •  

 カナダスケート連盟(Skate Canada)が昨年末、UBCの「ダグミッチェル・サンダーバード・スポーツセンター」(6066 Thunderbird Blvd Vancouver)で今年12月にフィギュアスケート「ISUグランプリファイナル2018」が開かれることを発表した。

 米国、カナダ、ロシアなど6カ所で戦われる「ISUグランプリシリーズ」の最終戦「ISUグランプリファイナル」。カナダでの開催は2011年のケベックシティー以来7年ぶり、4回目となる。バンクーバーでは2010年冬季オリンピック以来の世界トップレベルの競演に早くも期待が高まっている。

[広告]

 スケートカナダのデブラ・アームストロングCEOは「カナダで4回目のグランプリファイナル開催が決まり、とても光栄に思っている。シリーズの頂点でもあり、フィギュアスケートの年度前半で最も大切な大会。素晴らしい街バンクーバーで最高の大会を提供したい」と意気込みを話す。

 開催期間は12月5日~9日。同時に「ISUジュニア・グランプリファイナル」も開催する。チケットの購入方法、スケジュールなどは後日発表となる。