暮らす・働く

バンクーバーの交通機関にリストバンド決済システム 初回2000本限定で

リストバンド式の運賃決済デバイス「コンパスリストバンド(Compass Wristband)」(写真=TransLink)

リストバンド式の運賃決済デバイス「コンパスリストバンド(Compass Wristband)」(写真=TransLink)

  •  

 バンクーバーの公共交通機関「トランスリンク」社は12月3日、リストバンド式の運賃決済デバイス「コンパスリストバンド(Compass Wristband)」の販売を始めた。

 現在発行しているICカード「コンパスカード(Compass Card)」のリストバンドタイプ。一般用(ブルー)1000本、割引運賃用(オレンジ)1000本の計2000本を試験的に販売し、来年からの本格導入を決定する。

[広告]

 利用の仕方や課金方法、色などはカードと同じ。1サイズのみだが手首のサイズに合わせて調整できるようになっている。

 販売所はStadium-Chinatown Stationのカスタマーサービスセンター(月曜~金曜、7時30分~17時)とWaterfront Stationのウエストコーストエクスプレスオフィス(同、6時45分~18時)の2カ所。購入時に6カナダドルのデポジット(返品時には払い戻し)が必要。