見る・遊ぶ

バンクーバーエリア最大ショッピングモールに桜の花25万輪 日本文化の紹介も

モール中心部の25万輪の桜の造花をあしらったディスプレー「Blossom at Metropolis」

モール中心部の25万輪の桜の造花をあしらったディスプレー「Blossom at Metropolis」

  •  
  •  

 バンクーバーエリア最大のショッピングモール「メトロポリス・メトロタウン」(4700 Kingsway, Burnaby)に3月5日、25万輪の桜の造花をあしらったディスプレー「Blossom at Metropolis」が設置され、一足早い春の訪れで買い物客らを和ませている。

満開の桜の花に囲まれるように球体の鏡も設置

 インテラクティブアート企画会社のHfour社によりモール中心部、ユニクロ店舗正面のエリアに設置された同ディスプレー。満開の桜の花に囲まれるように球体の鏡も置かれ、展示された桜だけでなく鏡の中に映る自分の姿や数え切れないほどの桜も楽しめる趣向。

[広告]

 同社クリエーティブ・ディレクターのスチュアート・ワードさんは「常に人々が夢中になれるような作品作りを心掛けている。今作は年齢やバックグラウンドに関係なく楽しめるディスプレーに仕上がった」と話し、来場を呼び掛ける。

 期間中は、「MUJI無印良品」と「日系文化センター・博物館」などの協力で、折り紙や生け花、日本舞踊など日本文化を紹介する無料のワークショップ、モールのギフトカードが当たる抽選などを行う。ワークショップのスケジュールはウェブサイトに掲載する。「MUJI」によるワークショップは水曜、日系センターによるワークショップは火曜と木曜。参加無料だがウェブサイトから登録が必要。

 開場時間はモールの営業時間に準ずる。今月31日まで。

  • はてなブックマークに追加