3密を避けて新しい生活様式へ!

買う 暮らす・働く 学ぶ・知る

バンクーバー・ホワイトキャップスがマスク販売開始 コロナで経営危機の水族館支援で

バンクーバー・ホワイトキャップスのオリジナルデザインマスク(写真=vanaquashop.org)

バンクーバー・ホワイトキャップスのオリジナルデザインマスク(写真=vanaquashop.org)

  • 7

  •  

 バンクーバーを拠点とするMLSサッカーチーム「バンクーバー・ホワイトキャップス(Vancouver Whitecaps)」は4月24日、オリジナルデザインの洗えるマスクの販売をコロナの影響下で経営危機にある「バンクーバー水族館」をサポートする目的で開始した。

バンクーバー水族館支援マスク(L・M・S)

 コロナウイルスの影響で3月から閉館中の同水族館は先週、このままでは現在飼育中の7万以上の生き物の世話の継続が困難になる、と永久閉館の危機を発表している。水族館を運営する団体「オーシャンワイズ(Ocean Wise)」のラッセ・グスタフソンCEOは「バンクーバー・ホワイトキャップスのサポートの申し出と敏速な援助方法の実現化に心から感謝する」と話す。

[広告]

 ホワイトキャップスから25人のスタッフがボランティアとして水族館援助の業務を担当。水族館やサポーター、寄付者らとの連絡などに当たる。同FCのマーク・パンズCEOは「水族館はバンクーバー、ブリティッシュコロンビア州、そしてカナダ全国の人々に愛されている場所。地元のチームとしてできる限りのことをして守る必要がある」とサポートの理由を話す。「このような危機的状況には街中の力が必要」とし、マスクは地元バンクーバーの縫製会社が製作するカナダ製だと明かす。

 マスクは100%ポリエステル。洗って再使用が可能で内側にはフィルターを入れることができる。L・M・S(子ども用)の3種類(L・M=19.99カナダドル、S=17.99カナダドル)購入はバンクーバー水族館ギフトショップサイトから。マスクの発送は5月1日からを予定する。収益は全てバンクーバー水族館に寄付する。

Stay at Home