バンクーバーのカフェで、焼き鮭、みそ汁、納豆の和朝食が話題に

納豆か豆腐のどちらか一品と焼き魚、みそ汁、の日本風朝食メニュー。(6.95カナダドル)

納豆か豆腐のどちらか一品と焼き魚、みそ汁、の日本風朝食メニュー。(6.95カナダドル)

  •  

 バンクーバーのカナダラインBroadway-City Hall 駅すぐ近くに日本人経営のカフェ「Marulilu Cafe(まるりるカフェ)」(451 West Broadway, Vancouver TEL 604-568-4211)が昨年12月オープンし、日本式の惣菜パンや、焼き鮭と納豆の純日本式朝食セットなどで話題を集めている。

 バスやカナダラインでの交通の便が良いWest Broadway とCambie St.の交差点近くに立地する同カフェは約800スクエア・フィート。店内は濃い茶色と白を基調としたシックで落ち着いた内装でまとめる。店名の由来についてオーナーシェフの森井園子さんは「『まる』は夫のニックネーム。『りる』は音の響きが可愛くてよかったので選んだ。開店時からほかに仕事を持つ夫がサポートしてくれて感謝しているので」と話す。

[広告]

 日本人だけなく現地の住民も対象にし、あんパン、クリームパン、焼きそばパンなどの日本式のパン以外にカナダのカフェでは定番のバナナローフやマフィンなども揃え、朝食メニューではハムと卵料理のカナダ式朝食メニューとともに焼き鮭、納豆、みそ汁といった純和風の朝食メニューも販売する。

 森井さんは「開店当初はカナダ風の朝食メニューだけを考えていたが、日本に滞在経験のあるカナダ人から焼き魚とみそ汁の朝食が食べたいとリクエストされメニューに加えた。納豆が何かを知らない人も多かったが、今では日本人以外のお客の方にも多く注文して頂くようになり嬉しく思っている。ただ納豆は好みがあるので、豆腐とどちらかを選んでもらっている」と話す。

 朝食メニューは一日中オーダーが可能で、日本式朝食セット(6.99カナダドル)は肉じゃがを加えることもできる(追加1.50カナダドル)。カツ丼、チキンクリームドリア(共に6.99カナダドル)、フレッシュフルーツスムージー(4.95カナダドル)や毎日店内で焼き上げるパンは10‐15種類を用意(2.25カナダドル~)する。

 カナダ風と日本食の両方のメニューを展開するが、「バンクーバーの人は日本食に慣れているので無理なく受け入れられている。リカーライセンスも取得してあるので、夏季には営業時間を長くし、多くの人にくつろいでもらいたい」(森井さん)

 営業時間は、月曜~金曜=8時~18時、土曜・日曜=9時半~18時。