バンクーバー桜祭り開催-市政125周年記念でさらに充実

「バンクーバー桜祭り」が3月26日~4月22日、市内各所で開催

「バンクーバー桜祭り」が3月26日~4月22日、市内各所で開催

  •  
  •  

 バンクーバー市で3月26日~4月22日、第6回「Vancouver Cherry Blossom Festival」が開催される。主催はバンクーバー桜祭り委員会。地元の春恒例の行事としてすっかり定着してきた同フェス。期間中は桜関連のいろいろなイベントが各所で催され、今年はバンクーバー市政125周年と連動した内容でさらに工夫を施す。

 スカイトレインのバラード駅前で行うコンサート「Cherry Jam Downtown」では、「Celebrates 125 Vancouver」をテーマにして太鼓、ギター、キーボードの演奏やダンスパフォーマンスが披露される(3月31日12時~13時30分)ほか、VanDusen Botanical Gardenでの「Sakura Days Japan Fair」(4月2日・3日)、沿道の桜をめでながら市内を自転車で回る「Bike the Blossoms」(4月16日)など人気のイベントがめじろ押しだ。4月9日には「Cherry Jubilee VIOLINPOWER」と題して、桜の木をイメージして新しく作られた曲を演奏するコンサートも開かれる。

[広告]

 今年の俳句コンテスト「Haiku Invitational」では、桜の美しさだけでなく、125年という長い間にわたって、バンクーバーをここまで発展させてきた人たちやコミュニティーの力も感じさせる一句が入賞のポイントになる。応募締め切りは5月31日。

 ロバートソン市長は「年齢や国籍を問わずコミュニティーが一体となって春の訪れを祝うことができるバンクーバー恒例のイベント。今後も引き続き街中にさらに多くの桜の木を植えて、これからの125年もっと多くの市民の皆さんや観光客の人たちに楽しんでもらえるようにしたい」と話す。

  • はてなブックマークに追加