学ぶ・知る

バンクーバーで学生主導の「アースデー・パレード」-気候変動問題対策訴える

「アースデー・パレード」

「アースデー・パレード」

  • 0

  •  

 多国籍料理のレストランやアンティーク・古着屋など、ユニークな店が集まるバンクーバーのコマーシャル・ドライブ沿いで4月22日、「Vancouver Earth Day Parade」が行われ、学生を中心として家族連れなど多くの市民が参加した。「Youth 4 Climate Justice Now」の主催で、今年で2回目。

 参加者たちは、「I LOVE EARTH」「More Bike Lanes(もっと自転車専用レーンを)」「Save Our Ocean(海を守ろう)」など、思い思いのメッセージを書いたプラカードやポスターを掲げながら約1.5キロを練り歩いた。パレードの到着地点となったGrandview Park内には、環境問題に関する展示やパンフレット配布、ゲームコーナーなどを展開し、ステージ上では気候変動問題についてのスピーチや環境保護を訴えるパフォーマンスを行った。

[広告]

 今年に入ってから、約20人の仲間たちと協力して「プラスチックの袋や使い捨て容器を使わない生活」に取り組んでいるというホワイトロック在住のLoreleiさん。「ほんの少し散歩しただけでこれだけの使い捨てカップが見つかった」と、子どもたちと一緒にプラカードを作ってパレードに参加した。

 主催者の一人、Angela Hoさんは「今、地球は多くの問題を抱えているのに、政府は何も対策を講じようとしていない。私たち若い世代が行動を起こさなければ、今後よりよい世界を作っていくことは不可能だということを多くの人たちに知ってもらいたい。ここで大きく声を上げなければ」と強く訴える。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース