天気予報

17

10

みん経トピックス

MUJIカナダ西部に3店目加で草間彌生さん映画上映

グラウス山で熊2頭、冬眠から目覚める 春の到来と地元でも話題に

グラウス山で熊2頭、冬眠から目覚める 春の到来と地元でも話題に

冬眠から目覚めたクーラ (Photo=Grouse Mountain Wildlife Refuge) 

写真を拡大 地図を拡大

 バンクーバー近郊のグラウス・マウンテン絶滅危惧野生動物保護区で2頭の熊が冬眠から目覚める様子が4月24日、設置カメラで中継され、「春の到来」と地元の住民たちから喜びの声も上がった。

最初の食事はニンジンとレタス

 この日153日にわたる冬眠から目覚めたのは、同保護区で保護するグリズリーの「グラインダー(Grinder)」と「クーラ(Coola)」。共に2001年に孤児となり同区に保護された17歳。

 例年通り先に目覚めたグラインダーは、まだ巣穴の前に残る雪を掘りながら顔を出す姿が確認され、広い場所を通ることを好むクーラは時間をかけて穴を掘り進め出て来る様子が確認された。保護区担当者は「2頭とも長い眠りから覚めた最初の食事は、職員が用意したニンジンとレタス」と発表した。

 同保護区はバンクーバー市民がスキーやハイキングを楽しむグラウス・マウンテンで絶滅の恐れのある野生動物の保護活動を行っている。一般向けへの観察会や教育活動なども行っており、グラインダーとクーラの冬眠中は巣穴にカメラ「ベア・カム(Bear Cam)」を設置しライブ中継を行っていた。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング