見る・遊ぶ

バンクーバーのアイドル初ソロライブ 日本から「青SHUN学園」プロデューサーも参加

「Seishun Youth Academy」初の単独ライブ(写真提供=Seishun Youth Academy)

「Seishun Youth Academy」初の単独ライブ(写真提供=Seishun Youth Academy)

  •  

 バンクーバーを拠点に活動するアイドルユニット「Seishun Youth Academy」が9月3日、Pandora's Box Rehearsal Studio(1890 Pandora St. Vancouver)で初の単独ライブを行い、日本からプロデューサーのSHUNさんも駆け付けた。

ライブの様子

 日本のアイドルユニット「青SHUN学園」カナダ校として今年初めに活動を始めた同ユニット。日本で「青SHUN学園」のメンバーとして活動していたカナダ生まれの双子、AllyさんとSallyさんが帰国後も現地で活動を続けたいと、SHUNさんの協力を得て結成した。

[広告]

 メンバーは2人に加えて、現地オーディションを経て参加したジェシカさん、エミリーさん、ステラさん、やよいさんの6人。Allyさんは「大変な時期もあったが、今のメンバーが集まり歩んで来られた道は奇跡だといえるので自分たちは本当に恵まれている」とソロライブにこぎ着けた感謝を表した。「応援してくれた日本のファンにも、カナダでも頑張っていることを伝えたい」とも。

 チケット完売の中で行われたライブではSHUNさんも参加し、「青春☆わっしょい!」「Message.」「開放」など英語と日本語で全19曲を披露した。来場したファンの中には日本人の姿も見られたが、多くは現地のファン。日本でのライブさながらの掛け声を掛けたり、日本語で「ガンバッテ」「アリガトウ」などの声援を送ったりなど盛り上がりを見せた。

 SHUNさんは「日本のアイドル文化が好きで日本で活動していた2人がカナダでも活動したいと言った時はもちろん応援しようと思った」と話し、「文化の違う中、壁にぶつかりながらもパイオニアとしてここまでやって来たことは本当にすごいと思う」と称賛の言葉を贈った。

 唯一の日本人メンバー、やよいさんは「カナダで日本のアイドル文化を伝える活動をしているが、日本の方にもカナダのことを知ってもらえるよう日本とカナダの懸け橋になれたら」と今後の意気込みを話す。

 ライブは11月の次回ライブの決定発表、SHUNさんから同ユニットへのオリジナル曲の提供発表など盛況のうちに終了。会場に来ていた現地在住の男性は「日本のアイドルが好きでこのグループを応援し始めた。すごく楽しかった」と笑顔で感想を話し、「今日はバンクーバー以外にもアメリカや東部からのファンも来ている」と、ファン同士の交流も楽しんでいた。