学ぶ・知る

バンクーバー沖で北オットセイの赤ちゃん保護 漁師が発見

保護されたオットセイの赤ちゃん(写真提供=バンクーバー水族館)

保護されたオットセイの赤ちゃん(写真提供=バンクーバー水族館)

  •  
  •  

 バンクーバー島近くの海上で1月29日、北オットセイの赤ちゃんを保護したとバンクーバー水族館の海洋生物レスキューセンターが発表した。

 保護されたのは約7カ月の赤ちゃんオットセイで、バンクーバー島と本土の間、ハードウィック島沖に1匹でいるところを漁師に発見された。発見者によると赤ちゃんオットセイは潜ることができずに横向きに流されていたという。

[広告]

 同センターのアシスタント・マネジャー、エミリー・ジョンソンさんは「赤ちゃんは月齢に対して小さ目で脱水症状があるが、攻撃的な様子を見せており元気はありそうだ」と話す。現在必要な医療とケアを施されており、発見者の水産会社の名前(Mowi)にちなみMo(モー)と名付けられた。

  • はてなブックマークに追加