暮らす・働く 学ぶ・知る

バンクーバーにサッカーアカデミー ヴィッセル神戸のダビド・ビジャ選手が開校

子どもたちにサッカーを教えるダビド・ビジャ選手(写真=DV7 Soccer Academy)

子どもたちにサッカーを教えるダビド・ビジャ選手(写真=DV7 Soccer Academy)

  •  
  •  

 元スペイン代表で現在Jリーグ、ヴィッセル神戸所属のダビド・ビジャ選手が設立したサッカー教室「DV7サッカーアカデミー」が今冬、バンクーバーに開校する。

DV7アカデミーで学ぶ生徒たち

 ビジャ選手が育ったスペインでのサッカー教育を基に開発された独自のメソッドを通して、世界中の子どもたちにサッカーを教え、ピッチ外での人格も育てる目的で設立された同アカデミー。現在スペイン、プエルトリコ、香港、ドミニカ共和国、アメリカで若者たちが学んでいる。

[広告]

 ビジャ選手は「バンクーバーに開校することをとてもうれしく思っている。昨年初めてバンクーバーでプログラムを開催した際に多くの才能と情熱のある選手に出会った。今回本格的に始動するために力を尽くしてくれた人たちに感謝したい」と話す。「この冬バンクーバーに行くのをとても楽しみにしている」とも。

 7月、8月にはバンクーバーのUNA Community Field (Ross Drive, Vancouver) で2006年~2014年生まれの男女を対象にアカデミーチームへの無料トライアウト、U5~U14対象のサッカークリニック(50カナダドル~)などを開く。

  • はてなブックマークに追加