食べる

バンクーバー郊外にお茶ベースのアイス店 台湾茶や烏龍茶フレーバーなど

J Squared Ice Creamのアイス(「ローステッド・ウーロンミルクティー 」左と「シャンハイ・フォグ」味)

J Squared Ice Creamのアイス(「ローステッド・ウーロンミルクティー 」左と「シャンハイ・フォグ」味)

  • 6

  •  

 バンクーバー郊外のリッチモンド市に9月1日、お茶ベースのアイスクリーム店「J Squared Ice Cream」(405-9100 Blundell Rd. Richmond, TEL 604-232-0996)がオープンした。

J Squared Ice Cream店内

 ジェームズさんとジェニーさん夫妻がオープンした同店。ジェームズさんは「妻が妊娠中にとてもアイスクリームが食べたくなったが、近くに買える店がなかった。いろいろ自作してみたところ、友人や家族からもとても好評だった」と開業を思いついたきっかけを振り返る。

[広告]

 提供するのはジャスミン茶味の「シャンハイ・フォグ」、アールグレー味の「ロンドン・フォグ」、烏龍茶味の「ローステッド・ウーロンミルクティー」、「マサラ・チャイティー」などお茶ベースを中心に10種類(シングル5.50カナダドル、ダブル7.50カナダドル)。各種茶葉の旨味を生かしたアイスクリーム。茶葉はローカルの物や台湾産の物を使用し店内で製造する。お茶ベースを中心にした理由を「台湾出身の自分はお茶が大好きだし、生活の大きな一部なので」(ジェームズさん)と話す。お茶ベース以外では「ジャパニーズ・ブラックセサミ」や「シナモントースト・クランチ」などのフレーバーも提供する。

 「新型コロナウイルスの影響で夏開店の予定から遅れたが、来店された方からは好評をもらい大変ありがたく思っている」と話し、製造が追いつかない商品もあるなど好調なスタートに笑顔を見せる。営業時間は12時~21時。

Stay at Home