天気予報

16

9

みん経トピックス

冬季五輪、新キャラ商品化路上生活女性へ寄付イベント

バンクーバーで「24時間チャリティー・ヨガリレー」-世界エイズデーに向けて

  • 0
バンクーバーで「24時間チャリティー・ヨガリレー」-世界エイズデーに向けて

受講者のひとりJonegさんは「今日は4時間、明日は6時間ヨガリレーに参加するつもり」と意気込みを話す。

写真を拡大 地図を拡大

 バンクーバーのThe Croatian Cultural Centre(3250 Commercial Drive, Vancouver)で、11月29日の16時~30日16時まで24時間ヨガを行うドネーションイベント「24hr Yoga Relay」が行われた。Yoga4Kidzが主催する。今年で2年目。

 同イベントは、バンクーバーにあるヨガ教室からインストラクターが参加、受講者らは24時間の間にパワーヨガやアヌサラヨガ、陰ヨガなどさまざまなジャンルのヨガやメディテーションを16クラスの中から選ぶことができる。

 当日、スタジオ内には多くの受講者が参加、中には子どもと一緒に家族で参加する姿も見受けられた。主催者ディレクターのMaxine Drukerさんは「ヨガにはパワーがあるが、今日はたくさんの人が集まり、会場内に力強いエネルギーを感じる。長時間参加したい人は、リラックスルームを設置しているので休憩しながら続けてもいいし、自分のペースに合わせて参加してほしい」と呼び掛けた。

 イベント終了時には108分間の家族向けヨガグラスが行われ、地元歌手Johnny Demarcoさんによるコンサートとアフリカンドラムの演奏が行われた。ヨガ歴3年という受講者のJennifer Marotaさんは、参加理由について「寄付をしてエイズで苦しむ子どもたちを助けながら、自分自身もヨガの教えで癒やされるというアイデアが気に入った。今日は24時間参加するつもりで来た」と話す。

 イベント会場には、ヨガの間に休憩や仮眠をとるリラックスルームが設けられたほか、アフリカでの子どもたちの写真やアクセサリー、ヨガグッズなど約66点の商品の価格を紙に書いて落札するサイレント・オークションが行われた。

 同イベントは12月1日の世界エイズデーに向けた支援イベントで、参加費用やオークションなどの収益は、ユニセフの支援プログラム「Unite for Children, Unite against Aids」キャンペーンに寄付される。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング