リッチモンドに初の「ばくだん焼き」屋台-口コミを中心に人気広がる

リッチモンドにばくだん焼き屋台がオープン、人気を集めている。

リッチモンドにばくだん焼き屋台がオープン、人気を集めている。

  • 0

  •  

 バンクーバー国際空港近くのリッチモンド市内に、日本人が経営する「ばくだん焼き」屋台「Bakudanyaki Tenku 天空」(7100 Elmbridge Way, Richmond) が4月中旬にオープンし、口コミを中心に人気を集めている。

 同店は、オーナーの緒方寛(かん)さんなど数人が出資。荷物運搬などに使われるカーゴ・トレーラーを屋台に改造し、2010年オリンピックのスピード・スケート会場であるOlympic Ovalからも近いGilbert Rd.とElmbridge Way交差点の駐車場に開業した。

[広告]

 ばくだん焼きは直径8.3センチメートルの大型のたこ焼き。具材としてすべてのばくだん焼きにキャベツ、もち、卵、エビ、イカ、タコ、タラ、かまぼこがが入っている。これにメニューとして7種類用意する特製のソースを組み合わせる。「鍋」と呼ばれる焼き型は日本に特注したもの。

 ソースはオリジナル、チリ・マヨネーズ、カレー、ピザ、マスタード・マヨネーズ、わさびマヨネーズ、スペシャルの7種類。スペシャルは日替わりでクリーミー・みそだれ、カボチャの甘煮(カボチャピューレの様なもの)などがある。ソースは緒方さん自らが考案したもの。値段はすべて1個5カナダドル。

 オーナーの緒方さんは、ばくだん焼き開業の理由として「バンクーバーには日本食レストランは居酒屋、すし、うどん、ラーメンと何でもある。日本的なもので違ったものを始めてみたかった」と話す。「開業して数週間だが、広告は出していないのに口コミでいろいろな人種のお客様が来て下さっている。運転しながら屋台を見かけ、あれは何だろうと思って来てみたという声も多い」とも。

 テークアウト用の容器はプラスチック製ではなく、紙製の箱を使用。具材のタラは養殖ではなく天然のものを使用、屋台の外にはリサイクル用の青いゴミ箱と普通のゴミ箱を置くなど、環境への配慮にもこだわる。

 営業時間は11時30分~21時30分。売り切れの場合は早めに閉店することもある。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース