キツラノの雑貨店「Mei」、伝統技術と素材にこだわった日本製品で話題に

今年8月にキツラノにオープンした日本製雑貨店「Mei」。

今年8月にキツラノにオープンした日本製雑貨店「Mei」。

  •  
  •  

 バンクーバー、キツラノエリアに今年8月にオープンした雑貨店「Mei」(2003 W 4th Ave, Vancouver TEL 604-5684236)が、ユニークな文房具やインテリア小物などの日本直輸入商品で話題を集めている。

 日本人デザイナーがデザインしたという約117平方メートルの店内は、ナチュラルな木目調で統一され、温かみのある色調のライティングが施されている。「自分たちがお客さんの立場で見やすいと思うようにレイアウトしている」と話すのは店長のTakaさん。

[広告]

 「海外でチャレンジをしてみたい」と、同店の出店を機にバンクーバーへ渡ったというTakaさん。「日本製の商品の質の良さとデザイン性を紹介、アピールしたい」と商品はすべて日本製にこだわる。商品の仕入れはすべてTakaさん自らが製品の工場や工房へ出向き、作り手と直接顔を合わせて買い付けている。「昔ながらの職人の技術や素材の素晴らしさを、商品を通して伝えられれば」。

 約800アイテムの商品の中には、ハンドメードの竹製スピーカー(598カナダドル)や、ニューヨーク近代美術館にも展示されているという動物をかたどった卓上カレンダー(ZOO=29カナダドル~)などのユニークな商品が数多く並ぶ。ガラス製のタンブラーセット(74カナダドル~)は「一見普通のガラスコップに見えるが、実際に手にとってそのガラスの薄さに驚く人も多く、とても人気」。

 「初めは顧客のニーズを探る状態だったが、ナチュラル志向の人が多いこともあり、デリケートな和食器なども商品の質の良さを気に入って購入していく人が多い」という。オープンしてから2カ月余り、すでに多くのリピーターも。「質の良さというのは実際に手で触れたら分かるもの。日本の高品質な製品を実際に使って、その良さを実感してもらいたい」とも。

 「今後は他の地域への出店も視野に入れ、経営拡大していきたい」と意欲をみせる。

 営業時間は、日曜=12時~18時、火曜・水曜・土曜=12時~19時、木曜・金曜=12時~20時。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加