リッチモンド・オーバルで「カーリングストーン飛ばし」大会

リッチモンド・オーバルで11月28日、カーリングのストーンを投石し、その遠投距離を競う「Kenzen Long Shot Contest」が開催される。

リッチモンド・オーバルで11月28日、カーリングのストーンを投石し、その遠投距離を競う「Kenzen Long Shot Contest」が開催される。

  •  
  •  

 2010年冬季五輪スピードスケート競技会場となるリッチモンド・オーバルで11月28日、カーリングのストーンを投石し、その遠投距離を競う「Kenzen Long Shot Contest(健全ロング・ショット・コンテスト)」が開催される。

 同コンテストの冠スポンサーは、3年前にリッチモンドにカナダ法人を設立した佐藤製薬(Shell Road, Richmond)。コンテスト名「Kenzen」は、同社が4月からカナダ全土で販売展開する外用性消炎鎮痛剤の商品名。「製品とスポーツイベントのイメージが合うことが大事」(同社代表の鈴木聖十さん)と、これまでも積極的にバンクーバーのマラソン大会などスポーツイベントに協賛してきた。

[広告]

 BC州では約12万5千人がカーリングを経験しており、カナダ全土では900のカーリングクラブがあるなど世界一のカーリング国。大会はオリンピック・オーバルの五輪組織委員会への引き渡しを前に、一般市民にも五輪競技施設を体験してもらいたいとBCカーリング協会が企画した。

 コンテストは通常の競技ルールとは違い、120メートルの直線コースの氷上で出来るだけ遠くにストーンを投げてその遠投距離をカテゴリー別に競う。カテゴリーは子どもから大人、男女、車いす部門と8部門に分け、参加者には遠投距離を記した認定書が渡される。

 各部門の優勝者はBC Sports Hall of Fame(BCスポーツ殿堂)の記念銘板に名前が刻まれるほか、賞品としてiPod Nanoが進呈される。

 コンテストへの参加は1人1投=20カナダドル、入場のみ=2カナダドル。当日は約400人の市民がイベントに参加予定。参加チケットはウェブ上、カーリングクラブで受け付けるほか、当日、会場でも販売する。

  • はてなブックマークに追加