世界一のチョコ職人「ベルナルド・カラボー」、クリスマス限定商品を発売

店内にはクリスマス限定商品コーナーが特設されている

店内にはクリスマス限定商品コーナーが特設されている

  •  
  •  

 今年で創業25周年を迎える「Chocolaterie Bernard Callebaut(ショコラテリー・ベルナルド・カラボー)」(本社=1313-1 Street SE, Calgary, Alberta、TEL 403-266-4300)で11月末から、クリスマス期間限定の商品が販売されている。

 「Hand-Dipped Cherries」は、丁寧に手で摘み取ったBC(British Columbia)州オカナガン産のオーガニックチェリーを5カ月間キルシュ(サクランボで造った蒸留酒)に漬け込んだ後、フォンダン(口に入れるとすぐ溶ける砂糖菓子)でコーティングし、セミ・スイート・チョコに浸すという8段階にも及ぶ工程を経て完成する。毎年、発売開始後すぐに売り切れる店が続出する人気の商品。

[広告]

 もう一つの期間限定商品は「Chocolate Yule Log」。まきの形をしたチョコレートを半分に割ると中が空洞になっていて、そこにさまざまな種類の一口サイズのチョコレートが入っている。「Yule Log」とは、クリスマス前夜にたく大きなまきの意味で、ヨーロッパのクリスマスで行われる儀式から来たもの。日本でもおなじみのクリスマスケーキ「ブッシュ・ド・ノエル」も同様の由来。

 ほかにも、店頭にはサンタや雪だるまをかたどったチョコレートや、同店定番のチョコレートバー、生チョコ、トリュフなどが所狭しと並んでいる。

 リッチモンド支店(Blundell Centre #188-8120 No.2 Road, Richmond, BC)を20年経営してきたオーナーのルスタム・テージャさんは「世界で最高の味をぜひ多くの人に味わってほしい。どんな人の好みにも合う商品がそろっている」と自信たっぷり。

 買い物客の一人は「ここのチョコレートをクリスマスにプレゼントしたら、また同じものがほしいとリクエストされた。売り切れたらいけないので急いで買いに来た」と息を切らせる。

 創業者ベルナルド・カラボーさんは、美しい水や空気と適度な湿度がチョコレート作りに最も適していると考え、ベルギーからカナダのカルガリーに移住しチョコレート店をオープン。厳選された材料をベルギーなど世界中から取り寄せて、添加物などは一切使わずこだわりの製品を作り続けている。商品はすべてカルガリー本社工場で作られたものを各店舗に完全冷凍輸送。各店舗での保存温度も常に摂氏19度以下に設定し、品質保持には最善の注意を払っている。

 1996年の「フランスガストロノミー国際勲章」受賞をはじめ、世界最高峰のチョコレートコンテスト「International Chocolate Festival」で入賞を重ねた後、1998年には同コンテストで総合優勝を果たし、世界一の称号を与えられた。

 カナダに28店舗、アメリカに4店舗を展開している。日本には今のところ直営店はないが、来年1月23日~28日に東京・新宿の伊勢丹で開催される「SALON DU CHOCOLAT(サロン・ド・ショコラ)」に出店予定。

Bernard CallebautSalon Du Chocolat

  • はてなブックマークに追加