サイエンスワールドで恐竜展「Extreme Dinosaurs」-増改築工事後の初展示

  • 0

  •  

 バンクーバーのサイエンスワールド(1455 Quebec Street, Vancouver、TEL 604-443-7440)で7月30日から恐竜展「Extreme Dinosaurs」が始まる。

 同館では、2010年初めから3,500万カナダドルを投入して大規模な増改築工事を行っており、今回の企画は、新しく完成した1万平方フィートの特別展示スペースで行われる初めての展示となる。

[広告]

 トリケラトプスに代表される角竜類の新種恐竜として2010年にユタ州で発見された「コスモケラトプス」のほか、ティラノサウルスなど実物大の恐竜の骨格再現模型や、目や口元が動いたり、うなり声も出す迫力あるアニマトロニクスを駆使した模型など、リッチモンドを拠点とする会社「Dinosaurs Unearthed」が製作した珍しい種類の恐竜模型計19体を展示する。

 今までに同館で実施してきた恐竜をテーマにしたプログラムの中で、最大規模となる同展示。展示される恐竜模型の全重量は9トンを超え、12人の作業員が2週間かけて会場への搬入を行った。会場では、今までにあまり知られていなかった恐竜に関する情報を学ぶことができるほか、化石発掘体験などのアクティビティも企画している。

 同社ビジネス開発部長のJennifer Chowさんは「北米全土で多くの来場者を集めた恐竜たちを自分たちの本拠地で披露出来るのは特別に感慨深い」と話す。

 開館時間は、10時~18時。入場料は、大人=23.50カナダドル、シニア(65歳以上)・学生(13歳~18歳)=19.75カナダドル、子ども(3歳~12歳)=16.75カナダドル。2012年4月1日まで。

Stay at Home