暮らす・働く

五輪ホッケー決勝観戦のために州条例改正-早朝4時でもバーの営業可能に

  • 0

  •  

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州政府は2月20日、ソチ五輪の男子ホッケー・カナダ代表の活躍を受け、州内のバー・パブの営業時間延長を特別に認めることを発表した。

 ソチとバンクーバーとの時差は12時間。ちょうど昼夜が逆転するため、リアルタイムでの観戦が難しくなり、「(地元開催だった2010年バンクーバー冬季五輪のときのように)バーやパブなどで仲間たちと集まって、飲んだり食べたりしながらオリンピック観戦して盛り上がることができない」「五輪効果で客足の伸びを期待していたが、このままでは無理」と、市民や飲食業界からの強い要望に応じた形で、州条例の期間限定特別改正を行うことに。

[広告]

 同州では、通常、閉店時間から6時までは、バーやパブなどへの客の入店を禁止しているが、早朝4時からアイスホッケー男子の決勝戦(対スウェーデン)が始まる23日に限り、特別に時間延長して営業を許可し、「3時以降なら開店してもよい」と変更した。ただし、アルコール類の提供は、通常通り9時からしか認められないため、五輪観戦はできるが、飲酒は不可能という異例の措置。

 4年前のバンクーバー五輪開催時には、ダウンタウンに大規模なパブリック・ビューイングエリアが設けられるなど、街全体が一つになってホッケー代表の金メダル獲得の瞬間を見届け、アメリカとの大接戦を制した直後には、通りに人があふれ出した。今回、カナダ女子ホッケー代表が一足先に金メダルを決めたため、前回のオリンピックに続いて「男女ともに金メダルを!」と国全体が試合の行方に注目している。