食べる

リッチモンドに「辻利茶舗TSUJIRI」 カナダ西部初出店、連日行列の盛況

茶箱をモチーフとした店内の一角

茶箱をモチーフとした店内の一角

  •  
  •  

 バンクーバー郊外のリッチモンド市内に2月14日、「辻利茶舗TSUJIRI」(1535-4777 McClelland Road, Richmond TEL 604-370-4956)がオープンした。

茶そば、桜餅、濃茶オペラなどが並んだジャパニーズスタイル・ハイティー

 カナダ西部初の店舗となる同店。抹茶スイーツ各種のほか、予約制のハイティー、茶そばなども提供する。約1600スクエアフィートの店内は、創業者の辻利右衛門が考案し宇治茶の普及に大きく貢献した茶箱をモチーフとした和を感じさせる内装に仕上げた。予約席16席を含めた36席を用意する。

[広告]

 同店マーケティングスペシャリストのマナ・ムラタさんは「伝統を大切に引き継ぎながら新しいものを創り出す『融和』をコンセプトに、本場宇治の抹茶を使ったオリジナルのメニューを多く提供する」と話す。「ハイティーをはじめパフェ類など質の高い抹茶本来のおいしさはもちろん、仕上がりの美しさも併せて楽しんでもらえれば」と自信を見せる。

 ハイティー、抹茶そばなどは完全予約制。バンクーバーエリアでは1年以上前から開店を待つ期待の声が高まっていたこともあり、すでに3週間先まで予約が埋まっている状態。ムラタさんは「多くの皆さんが開店を楽しみにしていただいたようで大変ありがたい」と笑顔を見せる。

 同店パティシエのアキコさんは「上質の抹茶を使ったケーキやお菓子の多くはリッチモンド店のみのオリジナルのレシピ。製菓用の抹茶とは違う仕上がりになるので配合などで苦労もしたが、上質な抹茶のおいしさを生かせたお菓子ができ上がった」と話す。

 店頭で提供するメニューは抹茶ラテ(6.50カナダドル)、抹茶フロート(7.50カナダドル)、パフェ3種(14カナダドル)、常時8種ほどをそろえるケーキ(1ピース=7カナダドル~)、サーモンまたはウナギのだし茶漬け(10カナダドル)など。予約席のみで提供する「そばバー」メニューは、ざるそば(10カナダドル)、サーモンポケそば(14カナダドル)など4種。同様に予約が必要な、桜餅、濃茶オペラケーキなどとお茶をセットにした「ハイティー」(40カナダドル)。

 営業時間は14時~22時(土曜・日曜は12時~)。月曜定休。ハイティーは14時~17時のみ、そばバーは17時30分~20時30分のみ。予約はOpenTableで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加