「四大陸フィギュア」エキシビション-浅田真央選手らが華麗な滑り

「四大陸フィギュア選手権」のエキシビションが行われ、浅田真央選手をはじめ上位入賞選手らが華麗な滑りを見せた。撮影:Shugo Takemi

「四大陸フィギュア選手権」のエキシビションが行われ、浅田真央選手をはじめ上位入賞選手らが華麗な滑りを見せた。撮影:Shugo Takemi

  •  
  •  

 バンクーバー冬季五輪会場となる「Pacific Coliseum(パシフィック・コロシアム)」(2901 East Hastings St., Vancouver)で2月8日、「四大陸フィギュア選手権」のエキシビションが行われ、女子3位の浅田真央選手、男子3位の小塚崇彦選手、同4位の織田信成選手が華麗な滑りを見せた。

 約2時間にわたるエキシビションは20のプログラムで構成され、同選手権で上位入賞した選手たちが演技を披露した。浅田選手は、きらびやかな赤と黒の衣装でリンク上に登場し、タンゴ「Por Una Cabeza」のリズムに乗って表情豊かに、軽快にジャンプやステップを繰り出した。織田選手はプッチーニのオペラ曲「tosca」に合わせてステップや氷上での開脚を披露。小塚選手の選曲Michael Bubleによる「Save the Last Dance for Me」(Michael Bubleはバンクーバー郊外バーナビー市出身)が流れると会場は一瞬どよめきも起こるなど、盛り上がりを見せた。

[広告]

 前日までとは違う表情で生き生きと踊る選手たちに、約6,000人の観衆からは惜しみない拍手が送られた。会場には「真央おつかれ」「織田信成天下統一」など、手作りのメッセージを掲げて応援する日本人ファンの姿も。

 本番前に行われたリハーサルでは、選手同士でハイタッチしたり、日本人選手がカナダ人選手に面白い日本語の単語を教えては大きな声で笑い合ったりするなど、リラックスした和やかな様子がうかがえた。会場内コンコースでは、男子フリーの表彰式も行われ、1位のPatrick Chan選手(カナダ)、2位のEvan Lysacek選手(アメリカ)、3位の織田選手が特設ステージ上でメダルと副賞の腕時計を受け取った。

 総合3位の小塚選手も同席して、集まった観客からの質問コーナーも設けられた。日本人の女性グループから「私たちの中で好みのタイプの子は誰?」というユニークな質問も飛び出したが、小塚選手は戸惑った表情をしながら、隣にいた織田選手と相談して、「皆さんお美しい方ばかりなので、ぼくには選べません」と切り抜け、苦笑いする場面も。

 男子、女子、ペア、アイスダンスの優勝者たちが、アンコールに応えてフリー演技の一部を披露した後、出場者全員がリンク上に再び登場して、観客総動員数約3万人を記録したイベントは閉幕した。

  • はてなブックマークに追加