バンクーバー国際空港、「80日間住み込み」リポーター募集-開港80周年で

  • 0

  •  

 バンクーバー国際空港(3211 Grant McConachie Way, Richmond)は現在、開港80周年を記念して80日間空港に住み込んで空港の様子を伝えるリポーター「Live@YVR」を募集している。

 リポーターの仕事は8月17日から80日間。バンクーバー国際空港内のホテルThe Fairmont Vancouver Airport Hotelに滞在し、空港があるSea Island から出ないことが絶対条件。空港内のレストランやショップの紹介に始まり、空港スタッフへのインタビュー、通常ではアクセスできないエリアの紹介、早朝や深夜の空港の様子など動画を使ってサイトやツィッター、フェイスブックを通してリポートする。日に3度の食事は空港内に50カ所以上ある飲食店で支給される。

[広告]

 応募希望者は、自己紹介と、コミュニティーイベントやBC内の場所、人物などを紹介するインタビューを含めた3分以内の動画を自分で編集して送る。100字以内で「なぜ自分が『Live@YVR』の仕事に適しているか」を説明した文章も添付。応募された動画はサイト上で公開され、最終選考に残った数人の中から視聴者の投票を経て最終的に採用を決定する。採用決定者には1万5,000カナダドルの支給も。

 バンクーバー国際空港広報ディレクターのRebecca Catleyさんは「バンクーバー国際空港は2万人以上が働き、年間1600万人が利用する一つの街のようなもの。その魅力を世界に伝えるクリエーティブでアイデアにあふれる人を待っている」と期待する。撮影、編集に必要な器材は支給される。

 応募締め切りは7月18日。応募資格は19歳以上、BC州在住者でカナダ市民権の保持者など。詳細はサイトで確認できる。

Stay at Home