見る・遊ぶ

バンクーバーの植物園でハロウィーン企画 ライトアップや装飾で不気味に演出

ハロウィーン特別企画「VanDusen Glow in the Garden」 (Photo=VanDusen Botanical Garden)

ハロウィーン特別企画「VanDusen Glow in the Garden」 (Photo=VanDusen Botanical Garden)

  •  

 夜間ハロウィーン特別企画「VanDusen Glow in the Garden」がバンクーバー市内にある「バンデュッセン植物園」(5251 Oak St. Vancouver)で10月19日から始まる。今年で3回目。

 園内をハロウィーン仕様にライトアップする同イベント。子どもから大人まで楽しめる写真撮影スポットとして人気で、毎年チケットが完売するほど好評なため今年は2倍の広さに拡大して実施する。

[広告]

 今年のテーマは「ヘンゼルとグレーテル」。来場者は道に落ちているパンくずをたどりながら森の中へと入り、物語からの5つの場面を描いた各セクションを楽しむ。

 園内は彫刻家のブルース・ウォーさんが制作したカボチャ、お化けや骸骨、色とりどりの照明などで装飾し、昼間の庭園とは全く違った風景をつくり出す。

 園内には子ども向けのクラフト制作コーナーを用意し、「Crab Park Chowdery」や「Japadog」などのフードトラックも設置する。

 開催時間は16時30分~21時。チケットは16時30分~18時、18時~19時30分、19時30分~21時の時間枠ごとに市のウェブサイトで販売する。料金は一般=12.50カナダドル、シニア(65歳以上)・学生(13歳~18歳)・植物園メンバー=10.50カナダドル、子ども(3歳~12歳)=8.50ドル、2歳以下無料。今月31日まで。