見る・遊ぶ 学ぶ・知る

ビクトリアで廃プラスチック利用のファッションショー 海洋ごみ削減呼び掛け

ファッションショーが開催される「ビクトリア・インターナショナルマリーナ」(提供=VIMFuture Oceans)

ファッションショーが開催される「ビクトリア・インターナショナルマリーナ」(提供=VIMFuture Oceans)

  •  
  •  

 海のプラスチックごみを利用したファッションショーが7月1日、ブリティッシュコロンビア州の首都ビクトリアにある「ビクトリア・インターナショナルマリーナ(Victoria International Marina)」(1 Cooperage Pl, Victoria)で開催される。

海のプラごみ削減呼び掛けイメージ

 同マリーナが立ち上げた海洋汚染の改善を目指すクラウドファンディング「Future Oceans」のキックオフイベントとして開かれる。BC州の沿岸清掃の際に回収されたプラスチックごみを使ったクリエーティブなエコファッションのデザインを公募。60の応募の中から選ばれた10人のデザイナーの作品がショーで披露される。

[広告]

 Ocean Legacy Foundationのエグゼクティブディレクター、クロエ・デュボワさんは「打ち上げられる多数の海洋生物の腹部にたくさんのプラスチックごみが詰まっているのを見てやっと危機感を持ち始めた私たち。それでもいまだに毎年大量のプラスチックを生産し消費している」と話す。今回のファッションショーを通し「問題意識を高めるとともに革新的な解決策を見つけ出す後押しとなれば」と期待する。

 クラウドファンディングでは50万カナダドルを目標とし、集まった資金はOcean Legacy Foundationのプラスチックごみの回収活動や回収したプラスチックの油化装置の開発資金などに充てる。

 ファッションショーは18時30分~。チケットは60カナダドル~。ショースケジュールやクラウドファンディングへの寄付情報はウェブサイトに掲載する。

  • はてなブックマークに追加