見る・遊ぶ

バンクーバー郊外にクリスマスイルミ コロナ影響下で今年はドライブスルー鑑賞に

イルミネーションイベント「Glow Gardens」、今年はコロナウイルスの影響でドライブスルー方式で鑑賞(写真=Glow Gardens)

イルミネーションイベント「Glow Gardens」、今年はコロナウイルスの影響でドライブスルー方式で鑑賞(写真=Glow Gardens)

  • 6

  •  

 バンクーバー郊外のラングレーで12月8日からホリデーシーズン恒例のイルミネーションイベント「Glow Gardens」(6690 216 St. Langley City, BC)が始まったが、今年はコロナウイルスの影響で規制が強化される中、ドライブスルー方式で実施する。

 毎年雨の多い冬のバンクーバーで、屋内型イベントとして好評を得ていた「Glow Gardens」。今年は感染拡大防止のため「バンクーバー動物園」を会場に屋外開催で準備を進めていたが、11月中旬にブリティッシュコロンビア州の感染状況が悪化、イベントなどの規制が強化されたため再度会場を変更しドライブスルー形式での実施となった。

[広告]

 今月7日には来年1月まで州規制の延長が発表されたバンクーバーエリア。スタンレーパーク、バン・デュッセンパークなど恒例のイルミネーションイベントが続々と中止となる中、ドライブスルーでの同イベント開催を喜ぶ声もSNSなどで多く上がっている。

 会場には多数のライトで飾られた光のトンネルやクリスマスツリーなど、ホリデーテーマのデコレーションを設置。特設FMラジオ局からの音楽をバックにサンタやエルフらも登場し、来場者が車中から楽しめる様な趣向を凝らす。

 入場料は一台(8人まで)=29.99カナダドル。入場料にはミニドーナツ、ポップコーン、クリスマスオーナメント入りのバッグが含まれる。チケットは事前にサイトからオンラインで購入が必要。1月2日まで。