食べる

バンクーバー郊外にジャーケーキの自動販売機 コロナ禍で個別容器のケーキ好評

スタイリッシュな瓶に詰まった「ジャーケーキ」の自動販売機

スタイリッシュな瓶に詰まった「ジャーケーキ」の自動販売機

  • 4

  •  

 バンクーバー国際空港近くのリッチモンド市にあるショッピングモール、アバディーンセンター(4151 Hazelbridge Way, Richmond )に12月12日から期間限定で、ジャーケーキの自動販売機が登場した。

「Just Cake Bakeshop」のジャーケーキ(瓶詰めケーキ)

 自動販売機で販売するのはサレー市でケーキやペイストリーなどを販売する「Just Cake Bakeshop」(5-7548 120 St. Surrey TEL 604-503-5577)。オーナーのラヴィーナ・オベロイさんは、「以前から人気商品のひとつだったジャーケーキの自動販売機を思いついたのはパンデミックが原因」と振り返る。「コロナの影響で数人で食べるホールケーキよりも、個別容器に入ったジャーケーキを選ぶ人が増えた。ジャーケーキの売り上げのおかげでコロナ禍を乗り切ってきたとも言える程」共同オーナーの提案もあり自動販売機でさらに多くのジャーケーキを提供できればと導入を決めた。

[広告]

 モール内3階に設置された自動販売機は冷蔵機能の付いた飲み物用の機械をジャーケーキ仕様にしたもので250個のジャーが収納できる。提供するケーキは「レッド・ベルベット」、「オレオ」、「ピーナッツバターカップ」、「ダブルチョコレート」、「バースデーケーキ」の5種。(1個=7.50カナダドル)オベロイさんは「ホリデーシーズンにもぴったりなケーキを楽しんでもらえれば」と期待する。2月28日まで。