3密を避けて新しい生活様式へ!

「Homelessness Action Week」-バンクーバー各地で炊き出しも

ホームレス支援活動「Homelessness Action Week」で散髪サービスも。

ホームレス支援活動「Homelessness Action Week」で散髪サービスも。

  • 0

  •  

 カナダ全国で社会問題となっているホームレスの増加問題で、BC(ブリティッシュ・コロンビア)州におけるホームレスの支援活動「Homelessness Action Week 2009」で10月11日~17日、グレーターバンクーバーエリア各地で炊き出しや住宅あっせん活動などが行われた。

 年々増加傾向にあるホームレスは、メトロバンクーバーだけで2005年から比較して22%増加の約2,600人(2008年の調査)、BC州では約1万5千人に上るとも言われている。Robertsonバンクーバー市長もホームレス問題を市政の最重要課題に挙げるなど、ホームレス問題はバンクーバーの重大な社会問題となっている。

[広告]

 同活動期間中、各地で70以上ものイベントが開かれた。14日にバンクーバー、ダウンタウンのCatholic Churche&Institutionsの併設施設(650 Richards St, Vancouver)で開かれた「Vancouver Homeless Connect 2009」では、炊き出し、シャワールームの開放、衣服の無料提供、保健相談、散髪などのサービスのほか、住宅や職業の斡旋ブースも設置され、約400人が詰めかけた。活動には多くのボランティアや非営利団体が参加し、来場者に笑顔で声をかけ、介抱する姿が見られた。

 ボランティアスタッフとして参加したCrystinaさんは「活動に参加して初めてホームレスの問題について考えた。もっと多くの人にこの問題について考えてほしい」と呼びかける。

 「ホームレスについて理解を深め、行動を起こすこと」を目的とする同活動。カナダには公営住宅などの低価格住居が少ないことも原因の一つとして挙げられ、活動4年目となる今年は「住居の確保に焦点を当て、低価格の住宅提供に力を入れる」という。

Stay at Home