バンクーバーの観光名所に「スイス館」-五輪期間中、食・観光などアピール

バンクーバーのグランビル・アイランドにオリンピック開催期間限定の「スイス館」が開設された。28日まで。

バンクーバーのグランビル・アイランドにオリンピック開催期間限定の「スイス館」が開設された。28日まで。

  • 0

  •  

 バンクーバーの観光名所としても有名なグランビル・アイランドに2月5日、「スイス館」(Bridges Restaurant , 696 Duranleau St. Granville Island TEL 604-687-4400)がオープンした。

 同館はスイス政府と観光局がオリンピック期間中に、スイスのビジネス・食・観光などをプロモートする目的でバンクーバーとウィスラーの2カ所に開設。バンクーバーではグランビル・アイランド内のレストラン「Bridges」を貸し切り、内装もスイスの山小屋風に改装した。同館ディレクターのManuel Salchliさんは「見た目も雰囲気も食事も、すべてスイス風になるように内装やメニューを整えた。訪れる方はきっとセント・モーリッツに来ている気分になれると思う」と話す。

[広告]

 同館レストラン部分は約350席を用意し、スイスの山、セント・モーリッツの写真を壁一面に配し雪山のレストランを演出。スイスから派遣したシェフ指導の下、スイス名物の「Swiss Chesse Fondue(チーズフォンデュ)」(2人用44カナダドル)、「Raclette-Pizza(ラクレット)」(18カナダドル)、「Chocolate Fondue (チョコレートフォンデュ)」(20カナダドル)などを提供する。

 館内ではオリンピック競技の実況中継を放送、スイス人選手のメダル祝賀会も予定。期間中にはLindt社のチョコレートやNespresso社のコーヒーを無料提供するほか、民族衣装やダンスなども紹介する。

 開館時間は8時~翌1時。今月28日まで。